減量方法によってはリバウンドしてしまいます

ダイエットをして体重が減ることはとても嬉しいことですが、その体重がキープされるか、それともダイエットしたのに体重が元に戻ってしまったり、元の体重よりも増えてしまう「リバウンド」を起こしてしまうのか。実は減量をした方法によって差が出てきます。

リバウンドしやすい減量方法とはどのようなものなのでしょうか。一つはとにかく体重さえ減ればよいと考えるダイエットです。これは女性に多く見られますが、とにかく体重を減らすために食事を食べない、極端に食事を減らす。というダイエット方法です。この方法は短期間で体重を落とすことが出来る反面、体が飢餓状態に陥り、食事をとった後に栄養をため込もうとする体づくりをしてしまうことにつながります。

運動を伴わないダイエットもリバウンドしやすい減量法ということができます。運動をすることで筋肉をつけていくことが出来ますが、運動を伴わないダイエットでは筋肉が増えず脂肪燃焼しにくい身体となります。その結果、筋肉量が減り脂肪が増えてしまうので、ますます運動しにくい状態を作り出すことになります。このようなダイエットはリバウンドしやすいため、食事は適切にとり、運動を適度に行うことが大切になってきます。