フィットネスクラブのナンバーワンに・・・。

私は人とお話がすることが大好きです。
このような性格になったのは、高校生の時ぐらいからです。そのきっかけは、部活でバスケットボール部に所属していました。その頃は、選手としていつも部活動のバスケットボールを頑張っていましたが、ある日コーチに「お前は、レギュラーになれない。」と言われました。

続けて、「自分の名前を記録表に残したくないか。」と言われ、「残したいです。」と言ったら、「コーチになれ。」と言われました。そこから、私はバスケットボールを持たずに笛とノートを持って頭を使うコーチ業でバスケットボールをするようになりました。そこから指導者というものに興味が出始めて、「スポーツトレーナーになろう」と思い専門学校に行きました。その専門学校ではトレーニング法や応急処置法、テーピング法などを学びました。実際にバスケットボールのトレーナーを職業に知るのは難しかったので、フィットネスクラブのインストラクターをしながら、お客様にトレーニング法を教えていました。そのバスケットボールの学生の頃の指導のせいなのか会員様に人気がありました。

ホームホワイトニング