仕事帰りに事故にあいました。

育児休暇明けの初めての仕事復帰で、久しぶりの仕事でかなり疲れていました。

娘を旦那の実家に預けていたので早く帰りたくて車の運転をする際、少し焦っていました。

すると、駐車場を出る時。後ろから猛スピードで運転している車が来ました。

私はぶつかられたら嫌だな・・・と思っていました。

すると案の定。

私の車の後ろにぶつかってきたのです。

私は車をぶつけられるのは初めての事で、どうしたら良いのか分かりませんでした。

とりあえず近くの広間に車を移動させて車を下りました。

すると、相手が車から下りて来て「すみません。おけがはないですか?」と男性が下りてきました。

私は動揺していて、とにかく「大丈夫です。」と応えました。

男性の方が「警察を呼びましょう」と言って下さり、すぐに警察の方が来てくれました。

ぶつかった時の事情などを話して30分程で私は帰らせてもらえました。

相手の男性はまだ警察にお話しを聞かれていました。

私は、娘に授乳をしないといけなかったので急いで帰宅しました。

旦那の実家に帰宅してお義母さんに事故の話を聞いてもらっていると、段々安心してきて、お義母さんがお昼ご飯を用意してくれていたので食べていると、急に首に痛みが走りました。

痛いので、すぐに病院に行くことに。

すると、首を捻挫していました。

車をぶつけられた時にむち打ち状態になっていたようです。

何時間後かに相手の車の保険会社から電話が来ました。

「おけがはないですか?」と聞かれたので、捻挫していた事を伝えました。

治療のお金も出して頂けるそうで、助かりました。

旦那の実家で旦那の帰宅を待って旦那が帰宅。

私は旦那にぶつけられた事を話しました。

実は、今回ぶつけられた車は2ヵ月前に購入した新車なのです。

旦那はいつか売るつもりでかなり綺麗に使用していたのですが、これで事故車になるかもしれないと、かなりショックを受けていました。

私は「ごめんなさい。」と何回も謝ったのですが、旦那のテンションは下がって戻らず、旦那は段々、相手の男性に苛立ちを感じ始め、「文句言わないと気が済まない。」とまで言い出しました。

旦那の機嫌を戻そうとお義母さんと色々奮闘したのですが、ついに旦那は車から離れなくなり、ぶつけられたところをずっと見ていました。

旦那が可哀想で事故って良い事ないなと実感しました。

旦那が「事故は皆を不幸にするからね。」と言いました。

本当にその通りだ。

後々、また保険会社の人から連絡が何度もきて、旦那が対応してくれました。

今回の事故は私は全く悪くないとなりましたが、事故を未然に防げるように十分に気を付けないといけないなと感じました。

そして、最近は旦那に運転をさせてもらえなくなりました。

玉ねぎ血液サラサラ効果